--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.06.06

色鉛筆が好きです。絵の具より気負いなく気軽に使えるところも、やさしい色合いも。

4752002442チリとチリリ
アリス館 2003-05

by G-Tools

だいぶ前に友人が、私が好きそう、と言って紹介してくれました。
おかっぱ頭の女の子、チリとチリリが自転車で色んなところにお出かけするお話です。
シリーズで何冊も出ていて、どれもとにかくとっても可愛くて幻想的。

私が一番好きなのは、

475200285Xチリとチリリうみのおはなし
アリス館 2004-10

by G-Tools

あいこと一緒に私も童心にかえって、チリとチリリの小さな宝物にドキドキしてしまいます。

このシリーズ、女の子へのプレゼントに最適
子供じゃなくても嬉しいかな。

手芸好きの方はこちら↓をどうぞ。
街で立ち寄る糸屋さん、織物屋さん。毛糸の色とかたまりません

475200318Xチリとチリリ まちのおはなし
アリス館 2005-11

by G-Tools


生き物・自然を愛する作者のどいかやさんのサイトはコチラです。
スポンサーサイト

テーマ : 絵本 - ジャンル : 育児

| 3歳くらいから | コメント(0) | トラックバック(1) | |

2010.05.29

去年の夏に図書館で予約していた本、忘れた頃に順番が回ってきました。

4104346047くまちゃん
新潮社 2009-03

by G-Tools


久しぶりに読む小説で、一気に読みました。面白かった!
角田光代さんの本、初めてです。恋愛小説というか、失恋もの短編リレー小説。
私は、ひとつひとつの話の恋や愛がどうこうというより、各話の主人公の
生きる強さというか成長力みたいなものに惹かれました。
各々の主観、客観、振られる立場、振る立場で、書かれる人物像も異なる訳で、
現実もきっとそうだよね、と思ってみたり。
また、ひとつの短編ごとにぴんと引っかかる言葉がまぶされていて、
手元に置いておきたくなる本でした。

やっぱり本っていいなぁ。
いつか大きい本棚が置ける家に住みたい私。
また図書館で数冊気になっている話題の本を予約、したものの、
どれも200人近い待ち人数… また一年待ちかな。

すっかり読書熱に火がついてしまいました。
とりあえず、1Q84 Book3はそろそろブックオフに探索に行こう~。
(Book1も2もブックオフで購入


「才能だのなんだのが有効なのはいつも今しかないんじゃないの。
過去に何やったかなんて関係ないし、未来に何をしようが関係ない。
今何ものでもなきゃ、何ものでもないってことよ。
今何かしなきゃ、未来につながるものだってなんにもないってことよ。」

「私はもう知ってるんだもの、地味とかみみっちいとか、
キャリアとかお給料とか、人生になーんにも関係ないんだって。
なりたいものになるにはさ、自分で、目の前の一個一個、自分で選んで、
やっつけてかなきゃならないと思うの。」


(『くまちゃん』「光の子」より)

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

| おとなまで | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2010.03.16

最近あいこのお気に入り。名作ですね。

4834008304こんとあき
福音館書店 1989-06-01

by G-Tools

何度読んでも、きつねのぬいぐるみ、こんのあきちゃんを想うけなげな気持ちにじーんとしてしまう。
また、電車の車掌さん、おばあちゃんと出てくる人もあったかい。
こんのしっぽ、ふんわり気持ちよさそうだなぁ、と思ったら、なんと福音館書店のウェブサイトに「こんを作ろう」というページがあった。型紙付き。
子供は喜ぶこと間違いなし。

その前に入園グッズ作り終えなきゃ


林明子さんの本、これもあいこのお気に入り。

4834012808まほうのえのぐ
福音館書店 1997-08-15

by G-Tools

テーマ : 3歳児の日常 - ジャンル : 育児

| 3歳くらいから | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2009.04.18

こんな日記を書いたばかりですが、オット用ラップトップを貸してもらえることになり、再び快適オンライン生活です。アハハー、よかったー。

ところで我が家、アメリカから引っ越してきて以来、いろんな家具が不足しています。先日書いたパソコンデスク、よりもっと深刻なのは、本棚がないことです。
ちょっとコレクション癖をもつ私、結構な量の本が、未だダンボールの中に。たまに開きたくなる本があるのに、どこの箱に入っているかわからず途方に暮れます。(仮住まい中なので、しばらくこのままの可能性が高い…。)

今、開きたいけど見つからない本がこれ↓

0297843982How To Keep Dinosaurs
Richard Dawkins
Weidenfeld & Nicolson Ltd 2005-02-28

by G-Tools

私が持ってるのは前のバージョンみたいで、表紙がもう少し可愛かった…。

例えば、これから犬を飼おうと思ったとき、どんな犬種がいいかな~なんて、犬種の特徴が書かれたガイドブックを手に取ったりしますよね。
この本は、同じコンセプトの恐竜版。恐竜をペットとして飼う為の、仮想ガイドブック、なのです。
恐竜の種別ごとに、大きさ、性格、食べ物、飼い易さ、などの情報が、シンボル表示を使いながら、わかりやすく、至って真面目に書かれています。
例えば、ある恐竜は”like children”(=子供のいる家庭に最適)、またある恐竜は”like to eat children”(=子供のいる家庭では要注意)、などなど。
あぁ、手元にあれば、もっともっと面白い具体例が紹介できるのに~!

あ、私、誓って恐竜マニアではありません 
でもこういう、大真面目にユーモアいっぱい、夢いっぱいな本が大好きなんです。
恐竜に興味深々キッズにもたまらない本だと思われます。そこらの恐竜図鑑なんかよりよっぽど面白いこと間違いなし。

表紙のイメージがだいぶ違うけど、日本語版も出てました。

4582524052新版 恐竜の飼いかた教えます
Robert Mash Richard Dawkins
新妻 昭夫
平凡社 2009-03

by G-Tools


この本の面白さを共感してくださる方、コメントお待ちしていまーす。

記事のカテゴリー、絵本、ってだめかなぁ。


*** ブログランキングに参加中。応援お願いします ***

  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

| おとなまで | コメント(6) | トラックバック(0) | |

2009.04.14

4772100318しろくまちゃんのほっとけーき
わかやま けん
こぐま社 1972-10

by G-Tools


いないいないばあ」と共に、あいこが一番初めに接した絵本です。
今でももちろん大好きで、母子共にすっかり暗誦できます。
子どもをお料理好きにしたいお母さんは、必読絵本だと思われます。
我が家でも効果は絶大、砂場で砂プリンを作っているとき、台所でお料理を手伝っている(つもりの)とき、「たまごをわって、ぎゅうにゅういれて、よーくかきまぜるのねー」とやっています。

しろくまちゃんこぐまちゃんシリーズ、もうすぐ発売40年になろうかというロングセラーなのだそう。
シンプルな絵と色のせいか全然自分と同じような歳には見えません。

このシリーズ中、最近のあいこお気に入りは下記二冊↓

1.こぐまちゃんのどろあそび

泥団子作りに夢中のこぐまちゃんと、こぐまちゃんの団子を踏んで遊ぶしろくまちゃんがけんかしてしまいます。
まだまだ、お友達と仲良く一緒に遊ぶことが課題のあいこは、毎回このけんかシーンでどきどきしてしまう様子。仲直りするところで満面の笑みを浮かべます。
この絵本に限りませんが、しろくまちゃんもこぐまちゃんも、絵は無表情なのに、子どもにもしっかり気持ちが伝わっているから不思議。
そこに人気の秘密があるのでしょうね~。


2.
4772100229こぐまちゃんとどうぶつえん
わかやま けん
こぐま社 1970-10

by G-Tools


子どもに人気の動物たちが、飲んだり食べたりうんちしたりしているところが描かれています。
動物好きなあいこが、このような絵本を気に入らない訳がありません。
一番好きなのは”かば”だそう。
”らくだ”はこの本でデビューでした。動物園で見たことがあるはずなのになぁ。


*** ブログランキングに参加してます。応援お願いします! ***

  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 絵本 - ジャンル : 育児

| 1歳くらいから | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。