--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.27

今日の日経新聞夕刊記事。”こころの玉手箱”に、ニトリ社長の似鳥昭雄氏の寄稿した「学生時代に覚えた手品」という記事が載っています。

手品が趣味で、自分で考案された十八番はトランプを使ったもの、そしてこれは学生時代に考えて、そして実際行ったカンニングをヒントにされたそうなのです。
そのカンニングの”高等テクニック”を誇らしげに紹介されてる訳なんですが。

「今から思えば汗顔の至りである。」なんて添えながらも、極め付けが、

他人がやらない新しいことにリスクをかけて挑戦する冒険、発明、発見好き。それが今の事業と経営につながっている。

という締めの文章。

リスクをかけて挑戦する冒険、発明がcheating、ですか...。
間違いなく今、最も注目される経営者の一人である似鳥社長のコラムに、ちょっとカクッとこけました。


<*> <*> <*> <*> <*> <*> <*> <*> <*> <*>

ちなみに我が家、オットも私も大阪人でないのに、よくカクッとこけます。(今時大阪の人だってそんなこけかたしないかな??)
そんな私たちを見て、あいこも最近何かと「カクッ!」と首をうなだれるようになってしまい。
娘のふり見て我がふり直さねば、という父母でした。


*** ブログランキングに参加してます。応援お願いします! ***

  ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

| 単なる日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。